クレジットカード選びの決定版 > NEXCO 中日本 プレミアムドライバーズカード

NEXCO中日本 プレミアムドライバーズカード

公式サイト  NEXCO中日本 プレミアムドライバーズカード

NEXCO 中日本 プレミアムドライバーズカードのメリット(利点)、デメリット(欠点)

NEXCO 中日本 プレミアムドライバーズカード

NEXCO 中日本 プレミアムドライバーズカードのメリットは、高速代、SAPA(サービスエリア、パーキングエリア)での買い物はポイント2倍になるので、還元率は1.0%です。高い還元率ですね。プレミアムドライバーズカードは、高速道路を頻繁に使う方にメインカードとしておススメできるクレジットカードです。
さらに年間カード利用額に応じてボーナスポイントがもらえます。
 ・50万円以上:ボーナスポイント500P
 ・70万円以上:ボーナスポイント700P
 ・100万円以上:ボーナスポイント1000P+スペシャルポイント500P
 ・150万円以上:ボーナスポイント1500P+スペシャルポイント500P
 ・200万円以上:ボーナスポイント2000P+スペシャルポイント1000P
なかなかスペシャルポイントをたくさんもらえるヘビーユーザーは少ないと思いますが、ボーナスポイント500Pをもらえるカードホルダーの方は多いのではないでしょうか。

高速人カード E-NEXCO pass 東日本との違いは?

高速人カード E-NEXCO pass(東日本)との大きな相違点は、NEXCO 中日本 プレミアムドライバーズカードには旅行保険が付帯しない代わりに業界初の落下物車両損傷お見舞金制度が付帯する点です。しかしこの「落下物車両損傷お見舞金制度」ですが、適用には条件が限定されているので注意が必要です。
適用の条件は「ETCプレミアムドライバーズカードを使用して中日本高速道路の管轄する道路内を走行中に落下物によって車両損傷が生じた場合に3万円の車両損傷お見舞金が支払われます。」です。

−スポンサードリンク−

NEXCO中日本 プレミアムドライバーズカードの詳細スペック紹介

カード名称 NEXCO中日本 プレミアムドライバーズカード
NEXCO中日本 プレミアムドライバーズカード NEXCO中日本 プレミアムドライバーズカード
国際ブランド VISA MasterCard
機能 Edy
特長 初年度年会費無料
年会費(税抜) 初年度年会費無料
次年度以降の年会費1,750円
入会資格(目安) 原則として18歳以上で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。 または高校生を除く18歳以上で学生の方。
海外旅行保険 【カード利用付帯】
 死亡・後遺障害=最高2,000万円
 治療費用=100万円
 賠償者責任=2,000万円
 携行品損害=20万円/1旅行(免責3,000円、年間100万円限度)
 救援者費用=100万円
 家族特約=×(付帯なし)
 【家族特約の補償内容】
  死亡・後遺障害=−
  治療費用=−
  賠償者責任=−
  携行品損害=−
  救援者費用=−
国内旅行保険 【付帯なし】
 死亡・後遺障害=−
 入院保険日額=−
 通院保険日額=−
 手術費用=−
 家族特約=−
空港ラウンジ利用 ×(付帯なし)
その他補償 <落下物車両損傷お見舞金制度>
 ・自動付帯
 ・車両損傷お見舞金=3万円(年1回限度)
<NICOSロードアシスタントサービス>
・外出中の事故、ガス欠、パンクなどの故障のトラブルに対し、無料でサポート(一定条件あり)。
・レンタカーの紹介、車メカニカル相談などのカーライフサービス。
ポイント獲得 200円=1ポイント
高速代、SAPAでの買い物はポイント2倍(200円=2ポイント)
カードの特徴・メリット
  • 貯めたポイントを高速代に使えます。
  • 業界初!落下物車両損傷お見舞金制度
公式サイト NEXCO中日本 プレミアムドライバーズカード

−スポンサードリンク−

24