クレジットカード選びの決定版 > ダイナースクラブカード

ダイナースクラブカード

卓越したプレミア感と上質なサービス、所有する優越感が高いクレジットカード。

ダイナースクラブカード

カード利用限度額に制限を設定していないことからも分かるように選ばれた人のみが持てるクレジットカードです。カード自体は、世界地図を模したシルバーを基調としたデザインとなっていますが、ゴールドカードに相当します。しかも他のゴールドカードに比べて、プレミアム感が高く、ステータス志向の強い方には特におススメのクレジットカードです。アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードとこのダイナースクラブカードが、「ゴールドカードの双璧」と言えるのではないでしょうか。

ありふれたゴールドカードでは物足りないエグゼクティブな方におススメのクレジットカードです。合せて、このカードの審査を通過できるのは、社会的に認められている(社会的に信用がある)といっても間違いないでしょう。

陸マイラーに嬉しいダイナースグローバルマイレージ

ダイナースカードのポイント、クラブポイントを7航空会社のマイレージと交換することが出来ます。
現在、交換できる航空会社は、次の7航空会社です。(2009年06月時点)
全日空(ANA)、ノースウエスト航空、ユナイテッド航空、アメリカン航空、アリタリア航空、大韓航空、タイ国際航空
特に人気が高いのは、全日空(ANA)です。また、ダイナースカードのクラブポイントには有効期限がないので、クラブポイントとして貯めておいてマイルに交換すれば、じっくりとポイントを貯めて大量のマイルを獲得することが出来ます。さらに交換比率の条件も非常に良く10ポイント=1000マイルと交換することが出来ます。このサービスは、年間参加料4,200円が必要ですが、カード利用額の大きい方にはおいしいサービスです。

社会的地位の高い人のみが所有できるカード

ご利用可能枠に一律の制限を設けていないことからも分かるように一部の選ばれた人のみが所有できるクレジットカードです。
カードフェイスはシルバーですが、中身はゴールドカード以上、プラチナカード以上のレベルのカードと思っていいと思います。。確かにダイナースカードを持ってる人はあまり見かけませんね。
入会の目安として公式ホームページには「年齢27歳以上」とありますが、審査基準などは公開されていないため、どうすれば取得できるのか不明のカードですが、プレミアムなカードであることには間違いありません。

−スポンサードリンク−
カード名称 ダイナースクラブカード
ダイナースクラブカード
国際ブランド Diners Club Card ダイナースクラブカード
特長 ゴールドカード GOLD CARD
年会費(税抜) 22,000円(家族カード:5,000円(税抜))
入会資格(目安) 年齢27歳以上の方
旅行保険 【自動付帯】
 死亡・後遺障害=最高5000万円(海外)/なし(国内)

【カード利用あり】
 死亡・後遺障害=最高1億円(海外・国内)
ポイント獲得 カード利用1万円=1ポイント(クラブポイント)が貯まる
クラブポイントの有効期限は無期限!
カードの特徴・メリット
  • カード利用額に制限なし
  • エマージェンシー・アシスタンス・・・海外旅行中の病気やケガなどに日本語で緊急対応してくれます。
  • 24時間年中無休のカスタマーサポート
  • 国内/海外の空港ラウンジ無料利用(ご家族を含む)
  • ダイナースグローバルマイレージ(別途、年間参加料が必要)
公式サイト ダイナースクラブカード

−スポンサードリンク−

24