クレジットカード選びの決定版 > 三井住友VISAゴールドカード

三井住友VISAゴールドカード

公式サイト  三井住友VISAゴールドカード

トータルバランスに優れた、ゴールドカードの王道

三井住友VISAゴールドカード

ゴールドカードとして全体的にとてもバランスがとれたカードです。
国内・海外旅行傷害保険、お買い物保険、空港ラウンジ利用、ゴールドデスクインフォメーションサービスとゴールドカードに相応しい一通りの会員特典が付帯しています。
ゴールドカードの教科書的なカードなので、ゴールドカードを取得するときに三井住友VISAゴールドカードがベンチマーク(比較対象の指標)になります。
ネット申し込みなら年会費は初年度無料、次年度以降は10,000円(税抜)ですが、なんと!年会費優遇特典を利用すれば、年会費4,000円(税抜)と、これだけステータスのあるゴールドカードで抜群のコストパフォーマンスを誇ります。さらに世界の「三井住友VISAカード」というネームバリュー、とにかく安心感、信頼感、ステータス感があります。
 ・安心、信頼できるクレジットカードが欲しい
 ・ステータスのあるクレジットカードを持ちたい

というかたにぴったりのクレジットカードです。付帯する充実のサービスはもちろんのこと、三井住友VISAゴールドカードという社会的ステータスも見えない魅力です。

WEB明細書サービス利用とマイ・ペイすリボ登録で、年会費が4,000円

カードご利用代金WEB明細書サービスを利用して、「マイ・ペイすリボ」というリボ払い登録をすれば、年会費が6,000円(税抜)割引されて、三井住友VISAゴールドカードの年会費(税抜)が4,000円になります。
リボ払いと聞くと「手数料が発生するんじゃないの!?」となんとなく怖く感じますが、そこは信頼の三井住友VISAカード、大丈夫です。毎月の支払い額は最低5,000円からカードの限度額いっぱいまで自由に設定できるので、毎月の支払い額をカード限度額いっぱいに設定しておいて、初回のお支払い日に全額を支払えば手数料も発生せず、年会費割引も適用されます
おいしいことずくめのこの特典の活用を是非、おススメします。
年会費優遇特典を賢く利用すれば、三井住友VISAゴールドカードが年会費(税抜)4,000円で所有できます。

年間カード利用金額に応じて年会費割引!

前年度のカード払い(お買物累計金額)に応じて、次回の年会費が割引となります。
100万円以上300万円未満で20%割引=8,000円(税抜)
300万円以上で半額=5,000円(税抜)
になります。
WEB明細書サービス利用による年会費優遇サービスとの併用でさらにお得!

国内旅行、国内出張の多い方におすすめ、ゴールドカードでも希少価値あり!国内旅行保険が自動付帯

カード利用が不要で国内旅行保険が付帯するカードは、国内航空会社系カード( JAL CLUB-A ゴールドカード ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード)以外ではあまりありません。アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードですら国内旅行保険はカード利用付帯になっています。それほど、 三井住友VISAゴールドカード の国内旅行保険は、お得!厚遇サービスといえます。国内旅行・国内出張を頻繁にするという方には是非おススメしたい1枚です。

ネット申し込みなら、初年度年会費が無料

三井住友VISAカードには、いろいろな年会費割引がありますが、こちらもそのひとつです。ネット申し込みなら、初年度年会費が無料になります。
ネット申し込みはこちらの公式サイト「 三井住友VISAゴールドカード 」から。

−スポンサードリンク−

「三井住友VISAゴールドカード」の詳細スペック紹介

「三井住友VISAゴールドカード」詳細説明
カード名称 三井住友VISAゴールドカード
三井住友VISAゴールドカード
国際ブランド VISA MasterCard
特長 ゴールドカード
入会資格(目安) 原則として、満30歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方
年会費(税抜) 10,000円
⇒ネット申込で初年度年会費無料
次年度以降は、年会費優遇特典で最大6,000円割引
年会費が4,000円(税抜)
になります。
家族カード年会費(税抜) ○(1枚目=年会費無料、2枚目から1,000円/年)
海外旅行保険 自動付帯(※1)
 死亡・後遺障害=最高5,000万円
  (自動付帯分)1,000万円
  (利用条件分)4,000万円
 治療費用=300万円
 賠償者責任=5000万円
 携行品損害=50万円
 救援者費用=500万円
 家族特約=○(付帯あり)(※2)
 【家族特約の補償内容】
  死亡・後遺障害=最高1,000万円
  治療費用=200万円
  賠償者責任=2000万円
  携行品損害=50万円
  救援者費用=200万円
国内旅行保険 自動付帯(※1)
 死亡・後遺障害=最高5,000万円
  (自動付帯分)1,000万円
  (利用条件分)4,000万円
 入院保険日額=5,000円
 通院保険日額=2,000円
 手術費用=最高20万円
 家族特約=−
空港ラウンジ利用 ○(国内主要空港)
ショッピング保険 年間300万円(国内・海外)
購入日から90日間以内、自己負担額=3,000円
ポイントプログラム 【名称】ワールドプレゼント
 カード利用1,000円=1ポイントが貯まる
 ポイント有効期限=3年間(ゴールドカード限定)
 1ポイントの価値=約3円〜5.0円
 還元率=0.3%〜0.5%
 キャッシュバック=○(0.3%)
ETCカード ○(初年度年会費無料、年会費(税抜)500円、ただし年1回ETC利用があれば次年度の年会費無料
もちろんETCカード利用によりポイントが貯まります。
カードの特徴・メリット
  • ゴールドデスク(通話料無料インフォメーション窓口)
  • 空港ラウンジサービス(全国主要空港)
公式サイト 三井住友VISAゴールドカード

(※1)傷害死亡・後遺障害は、事前の旅費等のカード支払い有無により最高補償額が異なります。その他の担保項目は、カード利用の有無に関わらず自動的に補償されます。
(※2)海外旅行傷害保険 家族特約 カード利用の有無に関わらず、全ての担保項目が自動的に補償されます。

2010年4月16日(金)出発の旅行より補償内容が変更になりました。

三井住友VISAゴールドの海外・国内旅行保険の補償内容が2010年4月16日出発の旅行分から変更になりました。
海外旅行・国内旅行ともに自動付帯される補償金額が下がり、カード利用があれば補償額が上昇するという保険内容に変更されます。(死亡・後遺障害のみ)また、治療費用など死亡・後遺障害以外の補償額が増額されています。 詳しくは、三井住友VISAカード 個人ゴールドカード会員カード付帯保険に掲載されています。

管理人のつぶやき いろいろと細かく変更されています。「死亡・後遺障害補償」適用条件の変更は、利用する可能性があまり高くないでしょうから影響は少ないといえます。それよりも利用する可能性の高い「治療費用(150万円⇒300万円)」などの補償額が増額されたことは大きな改善で大いに歓迎すべき変更です。
ただし「国内航空便遅延保険」の取り扱いが中止されたのは、残念な改定です。

三井住友VISAカード ETCカードの年会費改訂

今まで年会費無料だった三井住友VISAカードのETCカードが2012年4月以降の支払い分より有料(年会費(税抜)500円)になります。但し、年1回のETC利用があれば、今まで通り年会費無料です。使っていないのにETCカードを持っている方はこれを機会にETCカードを解約しても良いかもしれません。

−スポンサードリンク−

24