クレジットカード選びの決定版 > ソニーカード

ソニーカード

2010年7月から「新ソニーカード」へモデルチェンジ

2010年7月から新しいソニーカードへ移行します。主な変更点は、今までは年1回のカード利用があれば、年会費無料になったのが、なくなって一律年会費1,312円となりました。eLIO決済機能、マネーサービスが付帯されなくなっています。逆に国内旅行保険が付帯されるようになりました。(カード利用付帯)
実質年会費無料のクレジットカードとしておいしいカードだっただけに残念なモデルチェンジです。しかしながら、ソニースタイル・So-netでの割引特典やソニープロダクツセキュリティの特典はそのまま残っているので、ソニーフリークの方にとってはまだまだ魅力あるカードと言えます。

2009年7月31日より「ソニーカード」新規申込み受け付け一時停止

システム変更のため、2009年7月31日(金)から「ソニーカード」の新規申込みの受け付けが一時停止しています。
<対象カード>
「ソニーカード」 一般カード
「ソニーカード」 ゴールドカード
※2通貨決済機能付きの「ソニーカード」は引き続き申し込みできます。

ソニー製品が3%OFFになるクレジットカード+α

ソニーカード

 ソニーカードは、ソニーストアでいつでも3%OFFになるクレジットカードだけと思いがちですが、So-net(ソネット)のプロバイダー月額利用料が5%OFFになるとか、最高2,000万円の旅行傷害保険が自動付帯するなど、充実したカード会員サービスが付帯しています。
特にプロバイダーとしてSo-net(ソネット)を使っている方は、月額利用料金をソニーカードから引き落としするだけで月額利用料金が5%オフになるので、かなりお得です。

ソニーカードのメリット(利点)は?

ソニーカードのメリットは、ソニーストアでいつでも3%OFFになって、旅行傷害保険付き。ソニーフリークの方は是非持っておきたい1枚です。So-net(ソネット)の月額基本料が5%OFF、DVD・CDのオンラインショップ Sony Music Shopは3%OFFです。
さらに、ソニーカードで購入したソニー製品が購入日から1年以内に破損・盗難・火災などの偶然の事故にあった場合に付帯サービス「ソニープロダクツセキュリティ」で補償してくれます。

ソニーカードの詳細スペック

カード名称 ソニーカード
ソニーカード
国際ブランド VISA
年会費(税込み) 初年度会費無料
次年度以降の年会費1,312円
入会資格(目安)
海外旅行保険 自動付帯
 死亡・後遺障害=最高2,000万円
 治療費用=100万円
 賠償者責任=2,000万円
 携行品損害=20万円
 救援者費用=200万円
 家族特約=−(付帯なし)
国内旅行保険 【カード利用付帯】
 死亡・後遺障害=最高1,000万円
 入院保険日額=3,000円
 通院保険日額=2,000円
 手術費用=−
 ※入院・通院の免責期間=7日間
 家族特約=−(付帯なし)
空港ラウンジ利用
ポイント獲得 カード利用1000円=1ポイント
カードの特徴・メリット
  • ソニー製品が3%OFF
  • 海外旅行傷害保険が自動付帯
公式サイト ソニーカード

−スポンサードリンク−

24