クレジットカード選びの決定版 > ANAワイドゴールドカード

ANAワイドゴールドカード

公式サイト  ANAワイドゴールドカード(VISA・MasterCard) ANAワイドゴールドカード(JCB)

ポイント移行手数料無料でおトク!ANAワイドゴールドカード

ANAマイルを貯めるためのゴールドカード

「ANAワイドゴールドカード」は、搭乗マイル、ショッピングマイルのどちらでもANAマイルを貯めるという方におすすめの、まさにANAマイルを貯めるためのゴールドカードです。
海外・国内ともに旅行傷害保険が充実していて、さらに空港ラウンジ無料利用サービスも付帯しているので、飛行機によく乗る方には安心・快適です。さらに海外旅行傷害保険には家族特約も付いているので家族で海外旅行なんて方にはピッタリです。
搭乗ボーナスマイルは、区間基本マイレージ+25%とANAカード プレミアム(プラチナカード)を除けば、ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードANAダイナースカードと同等の高い付与率になっています。さらにショッピングマイルは年会費無料・移行手数料無料で10マイルコースとなっているのでカード利用1,000円で1ポイント=10マイルが貯まります。
飛行機の搭乗でもクレジットカード払いでもガンガン、マイルが貯まります。

最大4,500円割引で年会費(税抜)9,500円。お得な「年会費割引特典」を利用しない手はない!

ANAワイドゴールドカードのVISA・MasterCardブランドには「年会費優遇特典」があり、年会費が最大4,500円割引になるので、年会費(税抜)で1万円を切ります(年会費(税抜)=9,500円)。さらに「年会費割引特典」は家族カードにも適用されて、家族カードの年会費(税抜)4,000円は最大1,500円割引になって、年会費(税抜)2,500円になります。

・カード利用代金のWEB明細書サービスを利用すること
・マイ・ペイすリボに登録すること
・年1回以上カードを利用すること
の3つの条件をクリアすれば、年会費4,500円割引の特典を受けることができます。
3つの条件のなかで「マイ・ペイすリボ」登録という条件に「リボ払いって手数料がかかるんじゃないの?」と抵抗を感じる人が多いと思いますが、その点は大丈夫です。マイ・ペイすリボは金利・手数料が一切発生しない「全額払い」が可能なリボ払いなので、金利・手数料がかからず年会費割引の恩恵を享受することができます。(詳しく「マイペイすリボについて」で解説しています。)

管理人のつぶやき ANAカード(一般)では、10マイルコースの年会費が安いJCBブランドをお勧めしましたが、ANAワイドゴールドカードでは年会費割引特典のあるVISA・MasterCardブランドをおすすめしました。ただしVISA・MasterCardブランドとJCBブランドの違いは年会費割引特典だけではないので、違いをしっかり確認した上でブランド選択するようにしましょう。

−スポンサードリンク−

「ANAワイドゴールドカード」の詳細スペック紹介

カード名称 ANAワイドゴールドカード(VISA・MasterCard)
ANAワイドゴールドカード(JCB)
ANAワイドゴールドカード VISA ANAワイドゴールドカード JCB
国際ブランド VISA MasterCard JCB
年会費(税抜) 14,000円
<VISA・MasterCard>
年会費割引特典(WEB明細書+マイ・ペイすリボ特典)を使うと最大4,500円割引!なので年会費(税抜)9,500円
年会費割引特典について詳しくはこちら 別ウィンドで開きます
入会資格(目安) <JCB>
原則として20歳以上でご本人に安定継続収入のある方。
※学生の方はお申し込みになれません。
<VISA・MasterCard>
原則として、満30歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方
家族カード年会費(税抜) <JCB>
(年会費) 4,000円
(資格・対象)
生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)の方。

<VISA・MasterCard>
(年会費) 4,000円
年会費割引特典(WEB明細書+マイ・ペイすリボ特典)を使うと最大1,500円割引!で年会費2,500円になります。
年会費割引特典について詳しくはこちら 別ウィンドで開きます
(資格・対象)
生計を共にする配偶者、満18歳以上のお子さま(高校生を除く)、ご両親(※)
家族カードは単独ではお持ちいただけません。
(※)本会員の方が学生の方の場合は配偶者の方に限ります。
海外旅行保険 自動付帯
<VISA・MasterCard>
 死亡・後遺障害=5,000万円
 治療費用=150万円
 賠償者責任=3,000万円
 携行品損害=30万円(免責3,000円)
 救援者費用=150万円
 家族特約=○(付帯あり)
 【家族特約の補償内容】(※1)
  死亡・後遺障害=最高1,000万円
  治療費用=50万円
  賠償者責任=1,000万円
  携行品損害=15万円(免責3,000円)
  救援者費用=50万円
<JCB>
 死亡・後遺障害=1億円
 (自動付帯:5,000万円、カード利用付帯:5,000万円)
 治療費用=300万円
 賠償者責任=1億円
 携行品損害=50万円(1旅行あたり)、100万円(保険期間中)
 救援者費用=400万円
 家族特約=○(付帯あり)
 【家族特約の補償内容】(※2)
  死亡・後遺障害=最高1,000万円
  治療費用=200万円
  賠償者責任=2000万円
  携行品損害=50万円(1旅行あたり)、100万円(保険期間中)
  救援者費用=200万円
国内旅行保険 自動付帯
<VISA・MasterCard>
 死亡・後遺障害=5,000万円
 入院保険日額=5,000円
 通院保険日額=2,000円
 手術費用=最高20万円
 家族特約=−
<JCB>
 死亡・後遺障害=5,000万円
 入院保険日額=5,000円
 通院保険日額=2,000円
 手術費用=最高20万円
 家族特約=−
空港ラウンジ利用 ○(国内主要空港)
ショッピング保険 <VISA・MasterCard>
お買物安心保険
最高300万円(国内・海外、90日間、免責3,000円)
<JCB>
ショッピングガード保険
最高300万円(国内・海外、90日間、免責3,000円)
ETCカード <JCB>
 ETCスルーカード:年会費永年無料
<VISA・MasterCard>
 ETCカード:初年度年会費無料、次年度以降、年会費500円(税抜)。ただし年1回のETC利用があれば年会費無料
マイレージプログラム ANAマイレージクラブ
●ショッピングマイルについて
カードブランドごとのポイントプログラムで貯めたポイントをマイルに移行。
<VISA・MasterCardカードのポイントプログラム>
 ワールドプレゼント 詳細はこちら 別ウィンドで開きます
<JCBカードのポイントプログラム>
 Oki Dokiポイントプログラム 詳細はこちら 別ウィンドで開きます

<10マイルコース>
 (移行単位)1,000円=1ポイント=10マイル
 (移行手数料)無料
 (移行上限・下限)移行上限:なし、移行下限:1ポイント
※移行方法は、自動移行または都度移行から選択できます。

●ボーナスマイルについて
入会・継続時のボーナスマイル=各2,000マイル
搭乗ボーナスマイル=搭乗のたびに区間基本マイレージの+25%
公式サイト
ANAワイドゴールドカード(VISA・MasterCard)

ANAワイドゴールドカード(JCB)

(※1)家族特約の対象は、本会員様と生計をともにする19歳未満の同居の親族、または生計をともにする19歳未満の別居の未婚の子となります。
(※2)家族特約の対象は、本会員様と生計をともにするご家族で満19歳未満のお子様となります。 別ウィンドで開きます詳しくはこちら

−スポンサードリンク−

24